CFDという取引

投資には、株やFXなど様々な種類がありますが、CFD取引ってご存知ですか?

CFD取引の、CFDというのは差金決済契約のことです。

そうです、皆さんもご存知のFXもCFD取引のひとつなのです。

CFDは何と言っても、全世界の金融商品が取引できる上に、一つの口座で一括管理できるのが大きな魅力です。

また、CFDもレバレッジが行えますので、小さな資金で大きな取引が可能となるのです。

その反面リスクが大きいということも忘れてはいけません。

CFDで成功するには、得意銘柄を見つけることです。

CFDの特徴として取引可能銘柄が非常に豊富なこともあげられます。

この数の多さに囚われてしまって、全てに手を出そうしては勝てるものも勝てません。

多くあるうちの少数で良いので、自分が得意とする銘柄を見つけて取引を行うことが成功へと繋がるのです。

得意銘柄とは、相場の上がり下がりが自分でも比較的読みやすい銘柄を見つけることです。

今は上がってるけど、この辺りで下がるなと先が読めたり、自分の投資法にしっくりくる銘柄ならば投資もしやすくなります。

そういう銘柄をいくつか見つけて投資を行うことは、CFDで失敗しない方法と言えます。

あれもこれもと手を出すのではなく、たくさん銘柄を選べるのですから、その中から得意銘柄を選ぶ方が確実な投資が行えます。

そして、これは勝った、これは負けたと考えるのではなく、収支を見て勝ち負けを判断するようにしてください。

一つの負けに一喜一憂していてはチャンスも逃してしまったり、余計な欲が出てしまいます。

総合的な収支から勝ち負けの判断をすることも勝ちに繋がる一つなのです。

場合によっては、非常に大きな利益をつかめるかもしれないのがCFD取引です。

そして、CFD取引はこれからどんどん注目を集める取引であること間違いなしです。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ


2010 年 8 月 14 日 | コメントは受け付けていません。|

カテゴリー:コラム

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ

イメージ画像
Ads by Sitemix