ロスカットの重要性

株、FXなど投資を行うのであれば、絶対に必要となるのがロスカット(損切り)です。

ロスカットなんてできればしたくないと思われるでしょうが、これは本当に重要な手段の一つとして常に念頭において置くべきです。

ロスカット(損切り)というのは、予想を反した動きを相場が見せたときに損失が大きくなる前に決済をしてしまうというものです。

FXの口座を持っている会社では、それぞれにロスカットに対するルールが定められています。

簡単にいえば、口座のお金がなくなってしまう前に強制的に決済されてしまうのです。

でも、強制的に決済されてしまえば、明らかに大損間違いなしでしょう。

FXでロスカットをされな為にも次の計算式を覚えておいてください。

資産合計−(取引保証金×ロスカットレベル)÷通貨の数量=ロスカットの値幅

これで、自分がエントリーした値をはめ込むことで強制的なロスカットを回避することにも役立ちます。

また、買値から何%下がったらロスカットなどの自分なりのロスカットのルールというのを決めておくことをオススメします。

特に、投資初心者の場合、いつか盛り返すだろうなんて考えて待ってるうちにどんどん損失は大きくなる一方なんてことも少なくありません。

初心者こそ、ロスカットを恐れてしまう傾向にあるのでしっかりルールは決めておきましょう。

自分の資金を守るためにも重要な役割を果たすのがロスカット。

そして、これは覚えておいてください。

1回のロスカットを怖がって大損するよりも、ロスカットの次のエントリーで挽回できることもあるということを。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ


2010 年 9 月 12 日 | コメントは受け付けていません。|

カテゴリー:コラム

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ

イメージ画像
Ads by Sitemix