忙しい人にはスイングトレード

トレードにはいくつかのスタイルがありますが、そのひとつにスイングトレードがあります。

スイングトレードは、数日間で売買を済ませてしまうトレード方法なのです。

このトレード方法は、デイトレードのようにその日のうちに済ませてしまうのではないので、一日中パソコンの前でタイミングを見計らう必要がありません。

なので、忙しい人や主婦にはもってこいの方法と言えるのです。

スイングトレードは、数日間保有しておくのですが、中期保有や長期保有ほど資金の準備が必要なのも良い点です。

スイングトレードの例をあげてみます。

・自分の時間ができたら、有望銘柄のチェックやチャートの動きをチャックし、売り買いのタイミングを確認してから指値や逆指値で注文を出しておきます。

・次の日、出していた注文でエントリーできているか確認できたら、今度は決済の注文を出しておきます。

・その次の日、決済注文ができているか確認します。

もしも、その時点で決済が行われていなければ、もう一度決済注文を出すのですが、相場の動きを再度確認しておくことが大切です。

また、決済注文を出す際には、ロスカットの設定にも注意して、ある程度の利益を守るようにしましょう。

このように、一日一回パソコンに向かうだけでもいいので、スイングトレードは忙しい人にオススメと言われています。

ただ、スイングトレードを行うには必要となるテクニックがあります。

それは、テクニカル分析をすることです。

過去の相場の動きから現在の値が安いのか高いのか判断しなければいけません。

そのためには、少しの時間でも良いので毎日チャートの分析を行って、分析力を養ってください。

決して、勘だけのトレードは行わないことがスイングトレードを成功させる秘訣です。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ


2010 年 9 月 23 日 | コメントは受け付けていません。|

カテゴリー:コラム

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ

イメージ画像