不動産投資失敗しないために

不動産投資というと、「難しそう」「ハイリスクハイリターン」「資本がないとできない」というイメージがかつてはありました。

しかし、近年では個人投資家も増え身近な存在になってきています。

世界的な金融危機による将来への不安、金利の低下などにより、不動産投資が注目を集めるようになりました。

賃貸収入で安定した収入が得られると、定年後の資産運用に利用する人も増えてきています。

不動産投資には大きく分けて2通りの方法があります。

1つは直接投資で、直接マンションやアパートを購入し配当を得る形です。

もう一つは不動産投資信託に委託する形です。

プロに委託し配当を受けるものですが、直接投資よりも低資本で出来るのも魅力です。

もちろん不動産もリスクは存在します。

空き部屋が出たり、家賃の滞納が起こるともちろん賃貸収入は得られません。

不動産そのものの維持や老朽化、そして不動産価格の低下もリスクとなります。

金利にも注意しなくてはなりません。

法律も注意しなくてはいけません。

経営と同じで入居者が増える努力を行わなくてはいけないし、常にリスク管理を必要とします。

充分な知識がある人は直接不動産投資を、知識があまりない人は投資信託を利用すべきでしょう。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ


2010 年 12 月 7 日 | コメントは受け付けていません。|

カテゴリー:コラム

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ

イメージ画像
Ads by Sitemix