退職金の有効活用 金融商品

退職金というと定年退職者がもらえる退職金が一般的ですね。

定年退職となると企業にもよりますが、平均1600万〜2000万以上貰えるようです。

高額な資金をセカンドライフにてどう活用するかは本人次第ですが、現役時代から考えている人は多くないようです。

退職金となると金額が多いため有効に活用すればするほど財産を形成するのに役立ちます。

しかし、何も考えずに寝かしておくと有利な条件は徐々に失われていきます。

退職後のみの金融商品として「退職金運用プラン」や「退職金特別金利プラン」などと言う商品があります。

こちらは退職後の一定の期間のみに運用され、通常の定期預金よりも高い金利を得られるプランが多いようです。

場合によっては投資信託や外貨預金とセットになって勧めてくる銀行もあります。

しかし、現在は投資信託の不振により、定期預金だけというパターンもあるようです。

大きくもうけたり、投資に充てたりする予定がないのなら、まずは金利の比較的高い退職後のプランを活用するとよいでしょう。

都市銀行関係だけでなく、地方銀行もこの手のプランがあり、金利が有利な場合もあるので、よく選んで老後の蓄えにするとよいでしょう。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ


2011 年 1 月 19 日 | コメントは受け付けていません。|

カテゴリー:コラム

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ

イメージ画像
Ads by Sitemix