ネット証券と店舗型証券

今では投資と言うとネット投資が一般化してきています。

FXや先物取引もネットでオンライン取引を行うのがごく普通に行われるようになりました。

またオンライン取引が大きく普及したことによって多くのネット証券も生まれました。

かつてネット証券と言うと取り扱っている投資信託の本数も少なく、店舗型の補助的役割でしたが、今は違います。

ネット証券も数多くの投資信託を有するようになり、自宅に居ながら店舗型同様の投資パフォーマンスが行えるようになっています。

またネット証券では積立型の投資信託に力を入れている所も多くあります。

店舗型投資信託が大口の取引を重視するのに対し、ネット証券は広く小口からの参入が可能となっているのも特徴的です。

いまやネットで家事の合間に主婦が株に投資する時代です。

昔ながらの店舗でじっくり投資するのもいいですが、ネットでもサービスが多様化され魅力があります。

自分に合った型、自分のライフスタイルに合った形を選ぶ時代です。

投資の分野も自分に合ったスタイルをより探しやすい時代になったと言えます。

より人生を充実させるため、豊かな将来のため、子供の未来のため投資を始める人の願望は様々です。

同様に証券会社のスタイルも多様化されてきたと言えます。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ


2011 年 3 月 24 日 | コメントは受け付けていません。|

カテゴリー:コラム

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ

イメージ画像
Ads by Sitemix