貯蓄と投資

将来のため、貯蓄を行っている人は多いでしょう。

特に一定収入を得られる環境にあるサラリーマンには財産形成貯蓄を行っている人が多くいます。

将来を考えて貯蓄することは大変堅実な考えと言えます。

しかし、普通貯蓄として銀行に預けても年利などほとんど期待が出来ないような率です。

大概の人は利子を期待せずに貯蓄を行っています。

お金をためておくことだけに集中することが多いようです。

最近ではネットの普及などにより個人投資家への間口が広がりました。

将来のために貯蓄するというよりも、将来のために財産を作るという考え方が投資には含まれます。

将来に不安を抱える人は多いでしょう、子供、環境、仕事、健康など持ち物が多くなれば多くなるほど不安を抱えることになります。

投資で増やすと言っても、賭けごとで増やすわけではありません。

リスクを最小にして、貯蓄よりも効率良く増やす方法もあります。

ダイナミックに資金を運用するのも一つの手法です。

リスクを管理した上で投資を行い将来に備えるか、貯蓄でこつこつためるか、現在に生きる我々には様々な将来への選択が拡がっていると言えます。

将来のプランニングも多様化の時代になっているのです。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ


2011 年 6 月 7 日 | コメントは受け付けていません。|

カテゴリー:コラム

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ

イメージ画像
Ads by Sitemix