海外口座のすすめ

海外に口座を作るというのがにわかに注目を集めている。

「わざわざ海外に作らなくとも、日本で充分なのでは?」と思われがちだが様々なメリットと意外な利便性が存在します。

まず第一に日本の財政破綻への回避策になる。

資産を海外に置くと言う事は日本がもし財政破たんした場合、その大きなリスクを回避できると言うものです。

「破綻?」と思われがちでしょうが、日本も楽観視できない状態と言えます。

いつ日本が破綻してもいいように(破綻自体が良くはないですが)備えるのも必要かもしれません、そのための海外口座なのです。

また次に金利の高さがメリットとして挙げられます。

日本の金利はほぼゼロと言ってもいいくらいですが、海外でははるかに金利が高い所もあります。

よく富豪が海外に資産をもっている、スイスの銀行に預けているなど聞きますが、利にかなっていると言えます。

日本国内だけではリスクを100%回避と言うのが難しくなっている今、日本円だけでは約不足になるでしょう。

三菱東京UFJ銀行などは海外口座の取り次ぎもしているようです。

日本にいながらにして、アメリカの銀行口座を作れたりもします。

もちろん金利も日本に比べ破格となってます。

難しい手続きもいまや簡略化されていて作りやすくなっていますので、考えてみてはいかがでしょうか?

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ


2011 年 8 月 16 日 | コメントは受け付けていません。|

カテゴリー:コラム

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ

イメージ画像