FX市場にひそむ犯人を見つけろ!!

商材内容 :6年負け無しの投資プロファイリングマニュアル

価  格 :39,800

詳細はこちら

FX市場にひそむ犯人を見つけろ!!

□■□■□ 感  想 □■□■□

FXで儲けるのはなかなか難しいと思います。

実際儲けている人は、ほんの僅かで全体の数%程と言われています。

簡単に儲けが出るとか、初心者でも安心とかいろいろな売り文句の教材がありますが、なかなか実際は難しいと実感します。

では儲けている人はどんな人なのだろうか?

実際儲けている人がいるわけですから、それなりのやり方で儲けを出している人が必ずいると思います。

実はFXに置いて「儲けている人の手法を真似する」ことはとても大事なことなのです。

スポーツ界に置いて、上手い人やプロのフォームを真似たり、練習方法を取り入れたりしますよね。

プロの練習法やイメージトレーニングは素人にとっても大きな指標となります。

FXの世界でも同様の事が言えます。

「FXで勝っている人」「FXで負けている人」を明らかにし分析を行うのです。

これによって、自分がどう行動すればよいのかはっきりしてきます。

「FXプロファイリング投資法」はFXで負けていた私に道を示してくれました。

「なぜ負けるのだろう?」「勝てる人はどうやって勝っているのだろうか?」そんな疑問に答えてくれるマニュアルでした。

FXの世界も以外にシンプルです、勝っている人と同じように売買すればいいのですから。

単純に勝ちたいと思うなら「FXプロファイリング投資法」はおすすめできますね。

詳細はこちら

FX市場にひそむ犯人を見つけろ!!

総合得点 :67/100点

わかり易さ:4★★★★

専 門 性:3★★★

信 憑 性:3★★★

お買い得感:2★★

詳細はこちら

FX市場にひそむ犯人を見つけろ!!

タグ


2011 年 1 月 15 日 | コメントは受け付けていません。|

カテゴリー:まあまあ商材

経験や勘にとらわれず、データを元に作ったシステム

商材内容 :1年で9,536万円稼いだ史上最高のシステム

価  格 :49,800

詳細はこちら

経験や勘にとらわれず、データを元に作ったシステム

□■□■□ 感  想 □■□■□

FXにおいて、何より大事なのは経験と思いませんか?

私も経験や勘などの積み重ねた物が大事で、初心者には難しいのかと考えていました。

しかし、勘や経験では市場の流れや急な動きを読みきることは不可能なのです。

人間と言うのは、自分の経験や知識で考えがちです。

それで正しい判断が出来ない場合もあります。

FXの世界に置いて経験や知識に偏るのは危険です。

FXの世界では経験ではなくデータから読み取ることも必要です。

「IDFXシステム」は個人の経験や勘によるものではなく、データをもとに作られたシステムです。

よくあるシステムはやはり経験則から作られたものが多いのですが、「IDFXシステム」はデータ重視のシステムです。

データをもとに作られたものなので、初心者でも使えるシステムです。

わたしも経験はある方だと思いますが、やはり経験では市場を読み切ることは不可能だと感じています。

この「IDFXシステム」は個人の判断を入れずにシグナルに沿ってポジション取りをすればよいので、経験も必要ありません。

FXでは経験故に失敗している人が多いと思います。

個人の判断や経験がいかに曖昧なものかわかります。

だからこそ、データをもとに作られたシステムを使うのが安全だと感じます。

詳細はこちら

経験や勘にとらわれず、データを元に作ったシステム

総合得点 :70/100点

わかり易さ:4★★★★

専 門 性:3★★★

信 憑 性:3★★★

お買い得感:3★★★

詳細はこちら

経験や勘にとらわれず、データを元に作ったシステム

タグ


2011 年 1 月 14 日 | コメントは受け付けていません。|

カテゴリー:まあまあ商材

投資における射幸心

射幸心という言葉があります。

それは「幸運を射止める心理」と定義されます。

辞書などで調べると「自分だけ得したい、楽して得したいと言う心理状態」と書かれています。

「他の人よりも成績上位になりたい」

「他の人よりも金持ちになりたい」

そんな心理状態と言われます。

他人よりも優位に立ちたかったり、利益を得たかったりする心理は誰にしろ存在します。

一般的に「射幸心」という言葉はギャンブルに置いて使われたりします。

射幸心が強い状態だと、冷静な判断を失います。

競馬などでは大穴の一点狙いなどに走ってしまい、パチンコなどには多額の投資をします。

「得を出来る」となにも根拠がなく思いこんでいる状態、が射幸心の強い状態と言えます。

投資の世界でも射幸心は大きな障壁として存在します。

仮にFXなどで一時的に利益を出した状態になっても、「この間は利益が出たから」とリスク無視で無茶な投資にはしってしまいます。

投資の世界では自分の状況はもちろん、市場も冷静にとらえなくてはなりません。

リスク管理が最も重要になるので、ヒートアップした射幸心の強い状態は正に危険な状態と言えます。

自分の心理状態をコントロールするのは非常に難しい事だとは思いますが、投資ではそれが求められます。

タグ


2011 年 1 月 13 日 | コメントは受け付けていません。|

カテゴリー:コラム

不動産投資のすすめ

不動産投資はかつては、莫大な資金と、多くの時間が必要な、いわゆる資産家のものでした。

なかなか一般の素人は手を出そうともしなかったし、一介のサラリーマンが出来るようなことではないイメージが強かったのです。

しかし、最近になって不動産投資は様々なメディアで取り上げられ、馴染のあるものになりました。

初心者向けの不動産投資セミナーや書籍の販売。

銀行の融資の拡がりが不動産投資を身近なものとしてくれました。

自己資本がなくてもマンション経営が始められるほどにもなりました。

低金利時代が拍車をかけ、またバブル崩壊後の優良不動産がどんどん手放されたことにより、不動産市場が活発化したためとも言われています。

バブル期には土地の値段が上昇し資産価値があがっていた状態でしたが、現在の不動産への関心は別にあるようです。

建物そのものの価値よりも、その賃貸収入を目当てに投資する場合が多数を占めています。

バブルとは違うとはいえ、どんな時代もリスクはあります。

当然空室になってしまうようでは、目当ての賃貸収入も得られないのですから。

たしかに間口が広がって、不動産投資に手を出しやすくなってきています。

しかし、その手軽さに踊らされるのではなく、しっかりとリスクも見据えて投資しなくてはならないでしょう。

タグ


2011 年 1 月 12 日 | コメントは受け付けていません。|

カテゴリー:コラム

このページの先頭へ

イメージ画像