スクリーニングの必要性

上場している企業のうちのどこに投資しよか考えた時、どういった基準で企業を選んでいますか?

スクリーニングというのは、ふるいわけという意味で、自分が投資してもいいだろうとする基準値に満たない企業は候補から消していくという作業になります。

しかし、上場企業は20や30ではありません。

膨大な数の企業の中から候補を作って、スクリーニングするのでは時間がかかりすぎてしまいます。

ですので、自分が定めた基準を満たしている企業をピックアップしていくほうが手っ取り早いでしょう。

スクリーニングを行うということは、下手な株をつかまなくてよくなる。

つまり、リスクを抑えた投資を行うことができるということになるのです。

なので、できるだけスクリーニングの力というのは高める努力をした方が、利益につなかっていくでしょう。

しかし、初心者に数ヶ月でスクリーニング力を上げろというのは酷な話です。

また、正直そんな時間をかけることもできないという人も多いでしょう。

最近では、自動でスクリーニングを行ってくれるソフトなんかも発売されているのです。

無料でダウンロードできるソフトもありますが、細かい売り買いのタイミングなどを逃さないためにも有料のものもあるんです。

短時間でスクリーニングができるので、現在は非常に多くの投資家が利用されているそうです。

株を行うのであれば、スクリーニングのソフトは一見の価値ありと言えるのではないでしょうか。

タグ


2010 年 8 月 17 日 | コメントは受け付けていません。|

カテゴリー:コラム

このページの先頭へ

イメージ画像
Ads by Sitemix