スタイルで選ぶ投資信託

投資信託を始める際、自分の運用スタイルを決める必要があります。

あなたは投資で、自分の資産をどうしたいのか?

意思決定が必要になります。

当然多額の投資となると、より慎重な意思決定が必要になります。

投資信託によって長中期的に安定した利益を得たいと考えている方はインデックス型を取るとよいでしょう。

逆に、短期的利益や大きな利益を上げる必要がある方はアクティブ型と呼ばれるものを勧められます。

こちらの二つの違いは運用方法の違いです。

インデックス型は市場の動きベンチマークに連動させ運用していくスタイルです。

こちらは株式市場の平均値を取るので安定しています。

また調査コストも安く抑えられます。

逆にアクティブ型は平均値を上回ろうとするタイプです。

当然市場は動きがあるので、上回る場合とそうではない場合があるのでリスクが生じます。

またファンドマネージャーへのコストもインデックス型よりもかかってしまいます。

まさにハイリスクハイリターンを目指すのがアクティブ型と言えます。

個人的に投資を始めたり、退職金を長く運用したりする場合はインデックス型を利用する場合が多いようです。

自分に合ったスタイルで資産を運用するのが一番でしょう。

タグ


2011 年 1 月 22 日 | コメントは受け付けていません。|

カテゴリー:コラム

このページの先頭へ

イメージ画像
Ads by Sitemix