分散投資とリスク回避

投資をする場合、一つの銘柄に集中投資することにより投資効率をとることが出来ます。

しかし、集中投資した銘柄が急落した場合、大きな損害を被るはめになります。

そこで、投資の世界ではリスクを軽くするために、分散投資を行います。

株式投資において分散投資は基本的なリスク回避方法になります。

とくに利回りが安定しない初心者は、リスクを最低限に抑えることが重要になるため、分散投資は必要になります。

分散投資をする際銘柄を複数選択し投資するのです。

複数の銘柄に投資していると、一つの銘柄で損害を出しても、他の銘柄でカバーできるのです。

またこの複数銘柄を選択する場合、業種選択も大事になります。

業界全体が不調に陥り、株が下落する場合があるため、業界の流れを考えて、複数業種の銘柄で分散投資を行った方がリスクは少なくなるでしょう。

また、株式のみではなく、国債や他の金融商品に分散投資するのもリスク回避に繋がります。

複数の銘柄の市場を把握するのは初心者には難しいように思えますが、リスクを回避するためには複数銘柄で分散して投資した方が安全と言えます。

投資の世界ではいかにリスクを押さえるか、リスクを回避するかが重要になります。

リスクを考えたうえでの利益だと言うことを忘れてはいけないのです。

タグ


2010 年 12 月 2 日 | コメントは受け付けていません。|

カテゴリー:コラム

このページの先頭へ

イメージ画像
Ads by Sitemix