年金と投資

近い将来年金制度が廃止になるかもしれないこの日本。

まだまだ世界中の多くの地域からは日本は豊かな国と思われている。

確かに、先進国であり文明も発達している。

世界のトップの仲間入りもしているが、いつギリシャのように破たんしてもおかしくはない。

日本はとても生きづらい国になってしまった。

ヨーロッパ各国のように税金は高いが福祉関係がしっかりしていて老後が安泰ならいい。

子供たちの教育面での金銭問題も国が対応してくれるなら、少子化問題も良くなるだろう。

でも、今のままでは消費税も10%15%20%…と上がり、人々の生活は苦しくなる。

もらえるかわからない年金にお金を払うよりは、証券や株などの投資をしてみるもの悪くないと思う。

将来の自分の身は自分で守らなくちゃいけない時代に、国になってしまった。

無駄な所にお金を回すより自分のためになるお金の使い方を勉強するのです。

投資と一概に言っても、不動産系や株系など種類があります。

どんな投資に自分の将来を預けるか、どんな方法でなら利益をだせるのか勉強しながら自分なりの年金を調達してはいかがでしょうか。

この先、10年20年と政府が変わるとは到底思えない。

これからは国には頼らず、将来に使えるお金を増やす方向を考えていくべきなのです。

タグ


2011 年 7 月 5 日 | コメントは受け付けていません。|

カテゴリー:コラム

このページの先頭へ

イメージ画像
Ads by Sitemix