なぜ日経225先物が注目を浴びているのか?

日経225先物取引や、日経225miniの取引は、現物株式取引と違い取引金額の何%から取引できるため少額から始められます。

少額から取引できるという利点があるため、個人投資家に非常に人気の高い金融商品なのです。

さらに日経225miniになると日経225先物の10分の1で取引できます。

そのため必要とする証拠金が数万円程度と少なく、初心者にも扱いやすい物と言えます。

日経225先物の特徴として株式のように個別銘柄の選択を必要としない所があります。

そのため価格水準の把握が株式ほど複雑ではありません。

また、「売り」からの取引が可能なので価格下落時にもチャンスが広がります。

下落が予想される状態であれば「売り」を先行させ、さらに下落したのちに「買い」で決済し利益を上げられます。

差額決済を用いている証券会社も多く、利益を実感できます。

大きな資金を必要とはしないとはいえ、個人でやるには十分の利益を得られます。

しかし、一般的な年収で生活をしている人にとっては、数万円とは言え決して小さな金額とは言いきれません。

いきなり利益を上げるのは難しいかもしれませんが、はじめからうん千万を必要とする株式よりは、あきらかに気軽に入れます。

気軽に入れますが、リスクは株式取引同様存在します、リスク管理の上での運用が必要であることは株と同等と言えます。

タグ


2010 年 12 月 12 日 | コメントは受け付けていません。|

カテゴリー:コラム

このページの先頭へ

イメージ画像
Ads by Sitemix