投資信託の選び方

投資信託を始る際、運用の仕方を選択する必要があります。

まとまった資金で一気に運用する「一括投資」と少しずつの資金で運用する「積立投資」があります。

どちらも一長一短ですので、自分の投資スタイルに合った型で行うのがよいでしょう。

投資初心者ならどちらかと言うと「積立投資」のほうがよいでしょう。

「一括投資」だと買うタイミングで成果が大きく変わるので、タイミングの見極めが難しくなります。

その分定期的に資金を積み立てていく「積立投資」はそのタイミングの心配はありません。

またその分リスクも軽減できるため「積立投資」は初心者向けの投資信託と言えます。

逆にリターンを大きく望めるのは「一括投資」です、短期で集中して利益を上げることができます。

「積立投資」もタイミングによっては大きな利益を上げることができますが、「一括投資」ほどではないでしょう。

一時的に「一括投資」のように運用もできたりはしますが、そのぶんリスクは大きくなるでしょう。

リスク回避重視なら「積立投資」、リターン重視なら「一括投資」と分けることができます。

しかし、「積立投資」だからと言ってリスクがゼロになるということはなく、投資にはリスクは付き物と言う認識は共通してもたなくてはなりません。

タグ


2011 年 3 月 21 日 | コメントは受け付けていません。|

カテゴリー:コラム

信託会社の選び方

FXや先物取引がネットでできるようになってオンライン投資が一気に広まりました。

もちろん投資の世界への間口が広がり、投資をする人の数も膨れ上がりました。

当然広くなった市場に対応するために様々な証券会社も増えることになりました。

特にオンライン証券会社は多数存在します。

投資信託をする際、投資信託会社を通して金融商品を買うわけですが、実際どんな会社を選んでいいのか分からないことも多くあります。

賢い資産運用のためにも賢い信託会社選びを行うべきだと感じます。

信託会社を選ぶ際まずは投資信託の本数に着目しましょう。

もちろん多い方が投資の幅が広がります。

またその投資信託を選ぶ際ノーロードファンドかどうかも重要になります。

ノーロードファンドは手数料がかからないためコストを低く抑えることができる商品です。

最低必要金額や、ツールなどのオプションも企業によって差別化されるところです。

自分がどのように運用したいのか、どのくらいの期間で運用するのか、頻度はどれくらいなのか、様々な条件で選ぶ信託会社も変わるでしょう。

手数料とひとくくりで言っても様々なので、しっかり吟味するのも投資で成功する第一歩になるでしょう。

タグ


2011 年 3 月 2 日 | コメントは受け付けていません。|

カテゴリー:コラム

このページの先頭へ

イメージ画像
Ads by Sitemix