投資と預金

お金を貯めると言ったら、銀行に預ける貯金が一般的です。

サラリーマンなら給料から天引きでできる財形貯蓄を利用する人も多いでしょう。

しかし、現在はバブルの時期に比べ低金利の時代です。

銀行に定期預金などで預けてもたかが知れている金利です。

銀行に預けている人も金利をほぼ気にしていないと言うほど金利に意味をなさない時代でもあります。

そのわりに預金金額が全額保護されていると言うわけではありません。

銀行に預けていれば安心の時代ではなく、自分で自分のマナープランを見直し、リスク管理もしなくてはいけない時代となっているのです。

そんななか、預金にかわり投資信託という選択が注目を集めています。

投資と言う考えは、お金を使ってお金を増やすと言うものです。

投資信託を利用上手く利用すると、銀行の金利以上のリターンも期待できます。

リスクを最小限に抑えるためにも、複数の金融商品に投資するのも手です。

安定的に運用できる金融商品もあれば、リターン重視の金融証券もあります。

自分のお金長期的な運用を意識すると、投資と言うジャンルは実に有効的な手段となるでしょう。

人生設計の一部として、「投資」によるマネープランも考えていく必要があるのではないでしょうか?

タグ


2011 年 6 月 19 日 | コメントは受け付けていません。|

カテゴリー:コラム

このページの先頭へ

イメージ画像
Ads by Sitemix